言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること

ハート

リハビリ関係の職種

リハビリテーション分野の一つに言語聴覚士が有るが、理学・作業療法士と比べると受験資格を得られる学校が少ないので特に大学の受験学部については注意が必要です。年間の学費については、専門学校と私立大学は同等であるが専門学校の場合は最短で3年で卒業出来るところもあるので費用は安くなります。

勉強

医療現場の仕事

言語聴覚士とは、言語や飲み込む等の顔部分の高度な技術・知識を持ったリハビリ専門職です。取得には受験資格が得られる大学や専門学校へ通う費用がかかりますが、安定して就職に強くやりがいの有る仕事ですので目指す方も多くなっています。

大学生

期待が高まっている資格

言語聴覚士は大病院でもひとりしかいないことも多く、責任が重大ですが、それだけやりがいがあり、患者から頼られる存在です。言語聴覚士になるには大学や専修学校に3年以上通い、試験に合格する必要があります。新卒の合格率は80%あるため学校でしっかりカリキュラムをこなせれば合格するのは難しくはありません。

レディ

女性が活躍している資格

言語聴覚士は近年注目を浴びていて、女性に特に人気があり、結婚や出産をしてからも続けやすい仕事です。言語聴覚士になるには養成課程のある大学か専門学校に通って試験に合格しなければいけませんが、しっかりと勉強ができる学校を選んで気を引き締めて通うようにしてください。

勉強

養成校それぞれに違い

言語聴覚士になるには大学や専門学校などの養成校がありますが、それぞれに特徴があるので、資料や体験入学で自分にあっているかを調べるようにしてください。言語聴覚士になるために学校に通うので、合格率は必ずチェックするようにしてください。

受験資格を取得するには

勉強する人

どこで学ぶかを選ぶ

言語聴覚士の仕事をするためには、国家資格が必要になります。高校卒業後に言語聴覚士の受験資格を取得するには、文部科学大臣が指定する大学や短期大学などの学校に入学してください。または、厚生労働大臣が指定する言語聴覚士の養成学校を卒業すれば、受験資格が得られます。言語聴覚士養成学校は、1〜2年制の専門学校です。言語聴覚士の養成課程のない学校を卒業している場合は、指定された養成課程のある大学や大学院、養成学校などを卒業することでも、言語聴覚士の受験資格を取得することができるようです。この中で最も早く言語聴覚士の受験資格を取得できるのは、高校卒業後すぐに短期大学か養成学校などに入学することでしょう。学校で学ぶことですが、医学的な知識はもちろんのこと、コミュニケーションに関することや人間の心の働きを理解するための心理学などを勉強します。ほかに、言語学や音声学などで、言葉や音声に関する仕組みについて学びます。社会福祉の授業や病院などで臨床実験なども行うことになるでしょう。入学当初は、知識を覚えるために、多くの講義が行われますが、徐々に実習や演習などが増えていきます。授業で学ぶ以外に、臨床実験などの演習が多くなる傾向があるようです。言語聴覚士の試験対策については、授業と並行して行われていきます。授業や臨床実験に真面目に参加していれば、特に試験対策を行わなくても、合格できるような授業内容となっています。

Copyright© 2017 言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること All Rights Reserved.