たんぽぽ茶は妊婦に最適|ノンカフェインなので安心です

両手を広げる女性

栄養豊富なたんぽぽのお茶

鉄分やカリウムの効果

女性

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの葉や根を原料として作られたお茶のことです。たんぽぽは、漢方薬の原料にもなっているほど、栄養価の高い植物です。そのためたんぽぽ茶を飲むと、体の栄養状態を良くすることができます。また、鉄分が多く含まれているので、それによって血液の質が良くなります。栄養分は血液によって全身に運ばれるので、血液の質が良くなれば、供給がさかんにおこなわれる分、体の栄養状態はさらに良くなります。質の良い血液がしっかりと流れるようになれば、その分多くのエネルギーが消費されるので、ダイエット効果も出てくるのです。加えて、たんぽぽ茶にはカリウムも含まれています。カリウムには、体内の老廃物の排出を促す作用があるので、それによりむくみも改善されやすくなります。

母乳の出を良くする効果

さらにたんぽぽ茶には、母乳の出を良くする効果もあります。母乳は母体の栄養分から作られるので、栄養状態が良くなれば、当然多く作られるようになるのです。しかも繊維質も豊富なので、それにより脂質の吸収率が下がります。すると、脂質による乳腺の詰まりが防がれ、赤ちゃんが母乳を一層吸いやすくなります。ノンカフェインという点も、たんぽぽ茶の特徴のひとつです。カフェインは眠気覚ましに有効とされていますが、摂取しすぎると不眠の原因となります。そしてこのカフェインが、母乳によって赤ちゃんの体にも入っていけば、赤ちゃんがぐっすりと眠れなくなります。すると赤ちゃん自身はもちろんその家族も、寝不足になってしまいます。しかしたんぽぽ茶ならノンカフェインなので、安心して飲むことができるのです。