言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること

リハビリ関係の職種

ハート

言語聴覚のスペシャリスト

人の役に立つ職業の中で医療関係が有りますが、その内リハビリテーション分野というのが有ります。リハビリテーションとは、病気中や病気後の身体や言語障害等の後遺症に苦しむ患者さんの回復のサポートであり、高齢化社会となりつつある現在では需要が有る職種となっておりますが、仕事を行うには資格が必要です。種類としては理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3資格が有り、大まかに分けると理学療法士や作業療法士は身体全体を扱い、言語聴覚士は名前をの通りに主に言語等の顔の部分に特化したリハビリテーションの専門家と言えますが、それぞれ国家資格であり国家試験に合格しなければ取得できません。又、受験資格についても大学や専門学校を卒業しなければならないので費用もかかるのですが費用の前に、言語聴覚士については受験資格を得られる学校が他の2資格に比べて少ないようですので情報を記載します。受験資格ですが、文部科学大臣が指定する学校(3〜4年制の大学・短大)又は、言語聴覚士養成所(3〜4年制の専修学校)を卒業することで得られる事になっていますが特に4年制大学においては、学部や学科によっては受験資格が得られない場合もあるので大学受験時には注意が必要となっています。費用については専門学校の場合には年間100万円前後が相場で私立大学と同等程度となっていますが、専門学校の場合には最短で3年で卒業できますので言語聴覚士になると決めている方は費用が1年分程度少なくなる可能性が有ります。以上の事より、自宅から通える範囲内に専門学校が有る方は一番費用がかからずに卒業・取得できると思われますので検討してみて下さい。

Copyright© 2017 言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること All Rights Reserved.