言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること

養成校それぞれに違い

勉強

資料と体験入学で比較

リハビリテーションのプロフェッショナル資格のひとつ言語聴覚士になるには養成校に通う必要がありますが、高校を卒業後には現在3年制の短大・専門学校と4年制の大学のふたつがあります。また大学を卒業した人や大卒の社会人には2年生の大学院や専門学校もあり、それぞれの養成校でカリキュラムや学校の雰囲気には違いがありますので、自分のおかれている状況や性格を意識して学力レベル以外でも自分にあった学校を選ぶようにしてください。一般的に大学の方が卒業するのに1年余分に時間があることから専門知識の習得以外にも時間がとりやすくなっています。その期間を利用して専門知識以外の社会勉強に当てることができ、人脈を広げることができます。専門学校は集中して言語聴覚士になるための勉強に打ち込むことになります。大学や専門学校という区分けだけでなく、各養成校それぞれに特徴があるので資料や体験入学で自分にあっている学校かを調べるようにしてください。どの学校にも共通して言えることは、その養成校には言語聴覚士になるために入学する訳ですから、言語聴覚士の合格率はチェックするようにしてください。合格率は数値で表されますので比較は簡単です。できれば入学者に対する国家試験の出願数も比較するようにしてください。入学数に対して試験を受けている人数が少なければ、中退してしまった生徒が多いことを意味しています。言語聴覚士になって病院に入職すると、新人であっても患者からは頼られる先生になります。養成校でしっかりと知識と経験を積んで立派な言語聴覚士になってください。

Copyright© 2017 言語聴覚士の国家試験を受けよう|受験資格は専門学校を卒業すること All Rights Reserved.